今年のお月見は10月1日です

お月見の十五夜にすすきを飾り、お月見団子をお供えするのは日本の風習の一つです。稲穂に見立てたすすきを飾り、月に見立てたお団子をお供えすることで、月に収穫の感謝をし、豊作を願う事や、幸福を得るという意味があるそうです。又、お月見のすすきには魔よけの力があり無病息災になるという言い伝えもあります。当店では毎年西尾市内のすすき農家さんから、良質なすすきを分けて頂いてます。店頭に有りますのでどうぞご自由にお取り下さいませ。すすきや秋の草花を窓辺に飾り、月を見上げて「中秋の名月」の美しさを感じてはいかがでしょうか。

©2020 handaya 

   

ユーザー情報を使用してログイン

情報を忘れましたか?